一戸建て住宅について

一戸建て住宅は、あらかじめ建築された住宅を購入する建売住宅と、所有の土地、または購入した土地に住宅を建築する注文住宅とで大別できます。建売住宅は注文住宅と比べて、間取りの自由などはありませんが、非常に安価で購入できものが多いというのが最大のメリットとなります。建売住宅の多くは、広大な土地を区画して建てられる分譲住宅となり、資材の大量購入や、テンプレート化された建築計画を利用することでコストカットされた生産性の高い住宅であることが低価格の理由となります。そのため、安価でも安かろう悪かろうといった低クオリティの住宅というわけではないのが特徴です。分譲住宅は近隣する住宅と同じような外観はオリジナリティが無いというデメリットとなりますが、統一された住宅街の中で暮らすという見方もあるため、好みの問題といえるでしょう。

分譲住宅の物件価格は、土地とセットの価格となるため、その立地条件によって大きく変動していきます。例えば、一般的な36坪4LDKの物件比較すると、土地が高い東京都に隣接する埼玉県の物件では、都内まで30分圏内の立地のものではれば3000〜4000万前後であり、都内まで1時間近くかかる立地のものでは2000〜3000万程度と大きく差がでます。これは、土地の価格による差といえ、建築されている住宅の価格は同一となります。その価格は、1000〜1200万程度となり同じ間取りと面積の注文住宅では1500〜2000万程度となるため、非常にお買い得な物件となるでしょう。分譲住宅は生活していく上では必要な設備はすべて整っているため、暮らしの上では不便な点は無いといってもよいことから、非常に需要が増えていっています。

オススメリンク

注目の記事

利息を考える

一戸建て住宅の購入は多くの方が、ローンでの購入を考えています。ローンで購入する際には利息が必要になります。一戸建て住宅を購入する際には金額の3分の1程度の利息がつくと考えましょう。

この記事の続きを読む

壁紙選びの方法

新築のリビングの壁紙選びのポイントとして、家族全員のくつろぎを考えると無地の壁紙が良いと言われています。壁紙は周りの背景を考えることで、家の中にある家具などを引き立ててくれます。

この記事の続きを読む

ネットで情報を探す

新築物件を探す際には多くの方法がありますが、その中でもインターネットの情報サイト活用が多く利用されています。各種条件で新築物件の情報を絞り込むことが出来るのが大きな特徴です。

この記事の続きを読む