利息を考える

一戸建ての住宅を購入する際に、現金で購入することは非常に難しいですので、ローンを利用することになります。そこで知りたいのが一戸建て住宅のローンは総額でどのくらいになるのかです。ではどのくらいになるのかというと、例えば3000万円を金利1%程度借りたとすると、年間で30万円程度の利息になってしまいます。これは年間ですので35年借りたとすると1000万円ほど利息を必要としています。とても簡単計算をしていますので実際には違ってきますが、大体借りた金額に対して3分の1程度の金額が利息上乗せをされてしまうと考えておくのが一番簡単です。かなり高い利息になってしまうので、当然毎月の返済額が考えているよりも多くなってしまいます。できるだけ毎月の返済額を減らすためにも年数を増やして減らすよりも頭金をできるだけ用意して減らすことがとても大事になります。

一戸建ての住宅を購入する際に利用している住宅ローンでは、金利は一つのタイプだけでなく大きく分けて2つのタイプが存在しています。金利がその時によって変動する変動金利型と、市場の金利が変動しても変化しない固定金利型があります。なぜ2つのタイプがあるのかというと、それはその人によって求めているローンが違うからです。できるだけその時は安くしたいとしている人に向いているのが変動金利型で、安定して返済していきたいとしている人に向いているのが固定金利型です。その人が求めているローンで一戸建ての住宅を購入するのが一番ですし、2つのタイプを用意しておくことによって利用をしてくれる人が増える可能性が高まります。ですのでお客様に合わせているそして利用しやすいようにしているからこそ2つのタイプが存在しています。